交通事故研修「審理モデルに関する解説」

2015/10/05 │ 新着情報

大阪弁護士会の研修「審理モデルに関する解説」を受講しました。
これは、大阪地裁交通集中部(第15民事部)の石原裁判官が、これからの交通事故裁判の審理モデルを解説するというものです。
これから大阪地裁での交通事故訴訟は、この審理モデルをベースに進んでいくことになります。

東京地裁や大阪地裁などの都市部の裁判所には、交通事故を専門で扱う専門部があります。
知的財産や建築瑕疵ほどでないとしても、交通事故の解決のためには相応の専門知識が不可欠だからです。
裁判所も専門の裁判官を配置しているのですから、当然ながら弁護士もそれに応えられるだけの専門知識が必要です。

今後も交通事故事件の解決のため、努力していきたいと思います。

PAGETOP