不動産競売流通協会で講師を務めました

2016/08/12 │ 新着情報

弁護士の角谷(カドヤ)です。 8月9日、一般社団法人不動産競売流通協会・関西支部の定例会にて、僭越ながら研修講師を務めて参りました。 テーマは「不動産の明渡・立退の法的手続」で、不動産の明渡請求に関する法律の仕組みや手続きなどについて話させて頂きました。 直接競売に関することについては、競落後の引渡命令の制度の概略をお伝えするにとどまりましたが、どういう場合に明渡や退去を求められるかなど、競売で入札する前の検討時に確認したいことにつながるよう意識しました。 反省点は、前に講師を務めた時よりも時間のペースを調整できず、具体的な事例の検討に時間をさけなかった点です。 できれば、こういう場合はどうでしょうかと質問してプロのみなさんのご意見を伺いたかったです。 そして、研修終了後、不動産競売流通協会さんが発行している書籍「競売不動産の基礎知識」を頂きました。実はかなり前から買ってもっていたのですが、記念にということで頂きました! 著者である青山代表理事もいらっしゃったので、サインもらえばよかった・・・(;▽; 緊張しいなので、人前で話すのにはいつまでたってもなれませんが、こういった活動も積極的に行っていきたいと思います。 それでは皆様、お気をつけてよいお盆をお過ごしください。 keibai3 keibai1 IMG_0476

PAGETOP